腸内フローラ.COM

腸内フローラと肌荒れの関係について

腸内フローラは、腸に存在する同じ種類の菌が一塊になっていて、それがまるで花のように見えることからその名がついています。
そしてこの花は様々な種類があり、人それぞれで存在している種類が異なります。
しかし共通していることは、腸には善玉菌と悪玉菌とそれ以外の中間の菌が存在していることです。
このバランスが重要になり、善玉菌を増やすことで悪玉菌が増えるのを抑えることができます。

また悪玉菌も腸内環境には必要で、様々な悪い菌を増やすのを抑える働きをしています。
さらに中間の菌は、増えた方の菌に付帯することから悪玉菌が多いとそれになり、善玉菌が多いと善玉菌になる性質を持った菌になります。
そのため善玉菌を増やすことで、中間の菌も善玉菌になり、腸内環境を整えることができます。

そして腸内フローラには様々な種類の菌が存在していますが、これを増やすことで肌荒れや便秘などを改善することができます。
それは腸が健康にとって重要な役割をしていて肌荒れとの関係があり、また美肌、便秘、冷え症の改善に大きな働きをしているからです。

つまり肌の老化は腸年齢によって決まっているのです。
腸年齢が高い人は、肌荒れなどのトラブルが多く、逆に腸年齢が低い人は、肌がきれいです。
つまり「美腸」は「美肌」に繋がるのです。

また、便秘で腸内環境が悪い人は、血液中に腸内の腐敗物質が流れ出しているので、肌荒れ、吹き出物、アレルギー性皮膚炎、毛穴の黒ずみなど、肌トラブルで悩んでいる方が多いです。
そのような腸内状態では皮膚の上からどんな薬や化粧品を塗っても効果はありません。
お通じが毎日あるかないかが、美肌のカギを握っているのです。

  
Copyright © 腸内フローラー.COM. All Rights Reserved.