腸内フローラー.COM

腸内フローラーについて正しく理解しよう

 

人の腸、特に大腸の中には、たくさんの腸内細菌、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と3つに分けることが多いのですが、その種類は100以上で、100兆ともいわれている数が生息しています。
腸内での生息の様子は、同じ種類の菌が集団を組んで腸の壁にはりついています。
腸内フローラとは、これら細菌の生息状態をたくさんの花々が集団であちこちに咲いている様子に見たてて名付けられたものです。

善玉菌の代表はビフィズス菌などで、摂取した食物の主に炭水化物中の糖分を分解して、ビタミン類や乳酸などの人の体に良い影響を与える物質を生成します。
悪玉菌と呼んでいるものには、ブドウ球菌などの病気のもとになるものや摂取した食物を腐敗させるものなどです。
これらの悪玉菌は、体に有害な物質を生成することが知られていて、この有害物質が腸から吸収されることで、体全体に悪影響を与えます。

日和見菌は、大腸菌を代表とするような普段は毒にも薬にもならないのですが、ひとたび腸内環境が悪玉菌優勢になりますと、それに乗じて悪玉菌と同じような働きをするタイプの細菌です。

腸内フローラは、人の顔形が一人ひとり異なるように個人ごとに違っています。
体調の良い人の場合には、一般に腸内フローラは善玉菌が優勢ですが、ひとたびバランスが崩れて悪玉菌優勢になりますと、先ほどの話のように日和見菌まで加勢してきますので、一気に体調が悪くなります。

上記のように個々人で腸内フローラは異なっていますが、同じ人でも年齢によって腸内フローラは変化します。
中年に至るまでは、ビフィズス菌などの善玉菌が多いのですが、老年期にさしかかりますと、これら善玉菌が減少しだして、逆にウェルシュ菌などの悪玉菌や大腸菌などの日和見菌の数が増えてきます。

また、年齢が若いからといって、バランスのとれていない食生活を続けたりしますと、腸内フローラのバランスも悪い方に変わってしまいます。

オススメはキトサン配合のサプリメントを摂取!

キトサンで腸内環境を整えるために、乳酸菌入りヨーグルトや飲み物などが多く市販されていますが、実際のところ、口から摂取しても胃酸や胆汁で死んでしまい、腸までは到達しないと言われています。
ですから、現在腸内で生存して活動している善玉菌を、いかにして元気に作用させるかということが、腸内環境を整える大きなポイントとなるわけです。

そこで腸内環境を整えるためにオススメなのがキトサンやオリゴ糖などに代表される食物繊維。
食物繊維は、それら善玉菌のエサとなって活動を活発にさせる効果があると言われており、中でもキトサンはエサにならずとも接触するだけで善玉菌を活性化させるのです。
キトサンは、腸の中をキレイにお掃除するだけではなく、腸内で活動する善玉菌にとっては最良の栄養となって支えてくれる、腸の強力なサポーターであると言えます。

サプリメントなら簡単に必要な食物繊維を摂取できます!

▼▼▼ 腸までしっかり届く!キトサンサプリ ▼▼▼
キトサンサプリのカニから高分子

  
Copyright © 腸内フローラー.COM. All Rights Reserved.